無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Fiametta先生のイタリア家庭料理 9日目
水曜日と金曜日は、新鮮なお魚が市場に入る日ということで、今日はPesceの献立です。そろそろ胃袋も疲れてきたので、ここらでちょっと、一休み。リクエストしたアクアパッツァも楽しみな一品です。
 Antipasto(前菜)
海の幸のクロスティー二 CROSTINI  DI  MARE
材料6人分 いか 150g、小えび 150g、A(卵 1個、にんにく(みじん)1片、パセリ(みじん)大1、パン粉 大2、オリーブオイル 大1、赤とうがらし、塩)、トスカーナのパン。
(1)いか、えびはみじん切りにし、(A)の材料を混ぜ合わせ、冷蔵庫で15分程、味をなじませておく。
(2)薄切りパンに、(1)の材料を塗り、180℃のオーブンで15〜20分焼く。    
Primo  Piatto(一つ目のお皿)
ムール貝の白ワイン煮スープ仕立て ZUPPA   DI   COZZE
 

材料4人分 ムール貝1kg、にんにく、パセリ、トマト水煮缶、白ワイン、オリーブオイル、こしょう、トスカーナのパン。
(1)たっぷりのオリーブオイルでにんにくのみじん切りをじっくり炒め、貝殻からはずした貝を加える。白ワインでフランベし、トマトの水煮を加え、煮込む。パセリを飾り、パンを添える。
Secondo  Piatto(二つ目のお皿)
黒鯛のアクアパッツァACQUA  PAZZA
Acquaが水、Pazzaが気が狂った、という意味です。気が狂った様に煮立った水に、魚を泳がす様に煮込む南イタリア料理。新鮮な魚をシンプルで美味しく頂く、贅沢な料理です。今回はプチトマトを使いましたが、ドライトマトを使ったり、オリーブやアンチョビをいれてもいいですよ。

(材料4人分)黒鯛 1尾、プチトマト 10個、にんにく 1片、パセリ、オリーブオイル、塩、こしょう又は赤とうがらし。
(1)鍋にオリーブオイル、トマト、にんにく、赤唐辛子を入れて火にかける。にんにくの香りが立ってきたら、カップ1杯の水を加え、煮立ったら塩を振った魚を入れ、蓋をして20分程煮込む。
Dolce(デザート)
レモンのタルト TORTA  AL  LIMONE
25cmのタルト型(練りパイ生地) 小麦粉 200g、バター 100g、卵黄 2個、砂糖80g、レモンの皮 1個分。
(クリーム) 卵 3個、砂糖 125g、溶かしバター 100g、レモンの皮 2個分、レモン汁 半個分、バニラエッセンス。
(1)テーブルに、粉を山に広げ、バターを切るように混ぜていく。ある程度混ざったら、手を使ってバターを揉む様にして、混ぜ込む。
(2)ボールに卵と砂糖をよく合わせ、(1)に加えヘラを使ってよく合わせ、レモンの皮の線切りも加える。ラップに包んで冷蔵庫で30分以上寝かせておく。
(3)(2)をタルト型に敷き、クリームの材料を合わせて、タルト型に流し入れる。180℃のオーブンで30分くらいで完成です、好きな型紙を使って、粉砂糖で飾りをつける。

| profilephoto | フィレンツェで料理を学ぶ 9日目 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |